ボレー (後半)

技術

この記事では、ボレー(後半)について説明していきます。

なお、以下の記事でボレー(前半)について説明していますので、まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。

まず、ボレー(前半)の記事で説明したポイントのおさらいをします。

ボレーは、ネットを超えてきたボールがこちら側のコートにバウンドする前の、まだ空中にある状態でボールを打つため、相手がボールを打ってからボレーをするまでの時間が非常に短くなります。
このことより、ボレーを成功させるためのポイントは以下になります。

 【ボレーを成功させるためのポイント】

  • 相手の打ったボールを良く観察する。
  • ボレーをする位置へ素早く移動する。
  • ボレーをする。

最初の2つについては前半の記事で説明しました。
この記事では、3つ目の「ボレーをする」ということについて説明していきます。

ボレーそのものを成功させるためのポイントは以下になります。

  • ボレーをする前に体勢を整えておく(構えておく)。
  • ボレーの基本的な技術に基づいたボレーをする。

それでは、順番に説明していきます。

  • ボレーをする前に体勢を整えておく(構えておく)。

ボレーは時間的な余裕がないショットであるため、ボレーをする前に構えることができていないと対応が遅れてミスにつながってしまいますので、「いつも構えておく」ということを意識するようにしましょう。
なお、このことはボレーだけに限った話ではなく全てのショットにおいて言えることです。
言い方を変えると「全ての状況において、ショットを打ち終わったら次のショットに対応するため、すぐに構え直す必要がある」ということになります。

構え方には以下のような基本的な形があります。
この形をイメージして構えるように意識しましょう。

  • 両腕を体の前に出し、腕と体の間に少し隙間ができるようにして両手でパドルを握る。
  • 両足は肩幅より少し広めに開く。
  • 体重を少し前がかりにする(かかとをべったりと地面に着けない)。
  • 力まず、ゆったりと構える。
  • パドルヘッドが胸の高さ位になるように持つ。
  • パドルヘッドをバックハンド側に少し傾けておく。
構え方について解説している(テニスの)記事を以下でご紹介しますので、興味のある方は目を通してみてください。

ボレーの基本の構え、意外と出来ている人が少ない | T-PRESS
ボレーの基本の構えって、みなさんどうでしょう。 何となく出来ているようで、でも実戦では振ってしまったり、反応が遅くなったり。 基本の構えって、意外と出来ていない方が多いんですよね。 ボレーの基本の構え、意外と出来ている人が少ない 1.自己流でもOK、ただし根拠が必要 試合を見ていると、結構自己流の方もいますよね。
  • ボレーの基本的な技術に基づいたボレーをする。

ボレーの基本的な技術には、以下のようなものがあります。
なお、前述の構え方ができていることが基本となります。

  • 打点の高さがネットよりも高くなる場合、パドルヘッドを打点よりも高い位置にセットする。
  • 打点の高さがネットよりも低くなる場合、パドルヘッドを打点よりも低い位置にセットする。
  • パドルヘッドをネットよりも低い位置にセットする場合、できるだけ手首がパドルヘッドよりも下になるようにする。(パドルヘッドをできるだけ手首よりも下げないようにする。)
  • パドルにボールをフラットに当てる。
  • パドルは振らず、押すようなイメージで打つ。
  • 足が踏み込める状況であれば、可能な範囲で踏み込んで打つ。踏み込めない場合は、上体を少しでもひねる。(上体が正面を向いたまま打たない。)

ボレーの打ち方について解説している(テニスの)記事を以下でご紹介しますので、興味のある方は目を通してみてください。

http://xn--zckzap3601al1rcz8af88a.com/category9/entry94.html
テニス ボレーの打ち方~プロの身体の使い方のマネから基本を学ぶ【動画有】 | テニスの学校|硬式テニスの総合情報サイト
プロのボレーフォームから、一般プレイヤーもマネしたいプロのやっている身体の使い方のポイントをお伝えいたします。 トッププロはストロークスピードが速いので、シンプルな体の使い方でボールを打たないと対応が遅れてしまいます。

ピックルボールのダブルス戦は、前に出て戦う方が圧倒的に有利です。
ボレーを上達させ、より前で戦うようにしましょう。
そうすることで、きっと勝利が近付いてくるはずです!